Home » ジスロマックでクラミジア治療

ジスロマックでクラミジア治療

ジスロマックという薬がありますが、これはクラミジア治療に使われている薬となっています。
基本的には細菌を殺菌する薬となっており、最近が原因となっているさまざまな病気に使われるようになっています。
感染症に対しては病原微生物が人の体に侵入して悪さをする病気となっています。
したがって腫れを生じたり化膿すると言うこともあります。
病原微生物に関しては細菌やウイルスやカビなどが含まれています。
このジスマロックが有効な細菌に関しては、マイコプラズマやクラミジアなどが含まれます。
したがってクラミジア治療に有効となっています。
病原菌が死滅することによって腫れや赤みが治まって痛みが取れ、熱がある場合には解熱するようになっています。
このようにいろいろな細菌に有効となっているので、呼吸器や耳鼻科などの領域を中心に幅広い治療に使われています。
細菌のタンパク質の合成を阻害すると言うことでその増殖を抑える働きがあります。
高濃度では殺菌的に作用するようになっています。
ペニシリン系の抗生物質に比べてアレルギーを起こすと言うことは少なくなっています。
しかしアレルギー体質の人は注意が必要です。
病状によって飲み方が異なっているので医師の指示に従うようにします。
一般的には通常1日1回3日間飲むようになっています。
3日から4日服用することで症状が治まり治ってきます。
しかし効果が現れなかったりかえって症状が悪化するというようなことがあれば、早めに受診するようにします。
副作用の心配はありませんが、まれにめまいや意識障害を起こすと言うこともあります。
成人用や小児用の薬があります。
小児用は細粒のものがあります。
体重1キログラム当たり10㎎を1日1回3日間経口服用します。

▼性病になってしまったら
淋病の治療薬はインターネットで注文|ネット総合病院
▼クラミジアを早く治したい方はこのサイトをチェック
詳しくはクラミジア情報サイトへ